ビジネスマナーは社会人として身に付けておくべき基本ですが、特に若い世代の中にはまだ十分でない状態で仕事をしているという人もいます。

近年はフランクな社風の会社も増えていることから、社内での通常業務においてはそこまで問題にならないケースもありますが、外部との取引の際に基本的なビジネスマナーができていないと、信頼を損なってしまうこともあります。また、同じようなサービスや製品を同じような条件で取引する場合には、より信頼できる会社に任せたいと思うのは当然なことで、その際には、実際に取引を行っている相手の担当者の態度や気配りなどが判断材料になることも多いです。

このため、ビジネスマナーを教育する事は、会社の利益に直結すると言うことができます。多くの会社は新人研修などで基本的なビジネスマナーの教育の場を設けていますが、その後は各部署の上司や先輩社員に委ねられる部分も多く、配属先によってその水準に開きが出てきてしまうこともあります。

社内では特に問題がないケースでも、どこでどのようなタイミングで社外の人とやりとりをするかわからない以上、すべての社員がしっかりとしたマナーを身に付けられるような教育を継続的に行っていく事は、企業にとっても重要なことだと言えます。社内で基本的な礼儀などをしっかりと指導することはもちろん、ときには外部講師を招いた研修を行うなど、教育の場を会社として設けることが大切になってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *