新卒からいきなり社会人になった若者は、ビジネスマナーが身についていません。

本来は会社で教育しながら育てていくものですが、人材の限りもありビジネスマナー教育の専門業者に外注する会社も増えています。​中間管理職が自分たちの会社だけで通じるビジネスマナーを、本来の業務にあてる時間を削って教育するよりは、専門の講師によるマナー研修をさせたほうが一般常識がつき、広い視野も身に付くので一石二鳥です。

​ビジネスマナー研修では基本の言葉使いの他にも名刺交換や電話応対、エレベーターや応接室での座席やSNS社会における炎上を防ぐ発信の仕方など、ビジネスシーンでよく使われる場面を想定した複数人でのロールプレイングも行います。​会社内でその都度教育していくシステムとは違い、日程を決めて行うカリキュラムなので速習で挨拶から冠婚葬祭のマナー、対面折衝だけでない電話アポイントでの気遣いがロールプレイングで身に付くのです。​

言葉使いや行動の他にもビジネス文書作りのノウハウを学ぶため、内外での文書のやりとりのマナーはもちろんメールの書き方や留意点、文書作成方法の基礎や見積依頼書、研修報告などの実践的な文書の書き方が身に付きます。​接客業では接客コミュニケーションや敬語の基本再確認で顧客心理を踏まえた応対を学ぶことに加え、高齢化に対応するためサービス介助士の教育を施す企業もあり、ビジネスで必須のマナーが身に付く研修体制です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *