新人教育に活用されることが多いビジネスマナー研修では、さまざまな礼儀作法を学ぶことができます。

具体的にどのような内容を行っているかというと、名刺の渡し方や身だしなみなどです。名刺の渡し方では、初対面の人と初めて行う挨拶となるので、しっかりと教育してもらうことができます。身だしなみでは、人に不快感を与えないような服装をすることが重要であると学ぶことができます。服装や髪型などさまざまな点を考慮しなければなりませんが、基本的には清潔感が重視されることが多いです。

名刺の渡し方や身だしなみなどのビジネスマナーの他に学ぶべき点は、きちんとした言葉遣いです。言葉遣いでは挨拶や報連相、電話応対などを学ぶことができます。言葉遣いはどんな仕事であっても基礎となるものなので、しっかりと学ぶことが大切です。上司や取引先の方と会話をする場合は、芸語で話すことがポイントになります。丁寧語である「です」や「ます」を徹底して、状況に応じて尊敬語や謙譲語などを使い分けるようにしましょう。

仕事場で会話を行う際の注意点は、尊敬語と謙譲語の使い方を間違えないことです。ビジネスマナーの教育を受けるメリットは、職場の人間関係が良くなることです。それによって仕事や業務の効率が上がり、達成感を感じながら仕事を進めることができます。そのことによって、さらに良好な人間関係を職場内で築き上げることが可能です。他にもメールの送り方などを指導してもらうことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *