会社や企業などで新入社員のビジネスマナーの教育方法として多いのが、外部の業者への委託です。

新入社員の基本的なビジネスマナーの教育を行う研修を専門的に請け負っている会社が都市部のみならず、地方にも多く存在しています。社会人としてのビジネスマナーの基本的なことを教育してくれるコースもあれば、専門的なコースまで様々です。研修を外部に委託するメリットは、外部の人間によって教育を行うことになります。同じ会社で働く後輩だからという甘えもありません。

新入社員自身の甘えもなくなるので、新人教育の場としては最適な方法とも言えるでしょう。研修の内容は、初めに基本的な社会人としてのマナーを学ぶ座学があるところがほとんどです。知識として頭に入れたら、実際にロールプレイングをして実践研修に入ります。頭の中の知識と違って、言葉と行動が伴わなければなりません。スムーズに行えるようになるまで、二人組になって繰り返し練習をすることもあります。

このような新人研修の目的は、ビジネスマナーを学ぶだけではありません。社会人として必要な、初対面の人とでもスムーズに話しをしたり関係性を築くことが出来るようにするというコミュニケーション能力の向上の為の研修でもあります。期間はその会社や企業によって様々ですが、場合によっては入社して1か月をこのような研修に割くところも多いです。それだけ会社がビジネスマナーを重要視していると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *